発光体

20200125_kittolondonflyer

【札幌演劇シーズン2020-冬】
きっとろんどん

「発光体」

199X年、人々が空飛ぶ発光体を追い求めたオカルトブームの片隅で、彼らは女の子に夢中になっていた。
転校生の七瀬さんは目がくらむほどに眩しくて、UFOなんかより魅力的。
だから誘った肝だめしの夜、校舎の西に光るなにかが目撃された。
自ら光を発する物体。それを人は、発光体と呼ぶ。
笑ってドキドキしてたら世界滅亡!“SF風サイコ・コメディ”を謳う人気作、開幕!

 

【作・演出】
井上悠介

【出演】
井上悠介、久保章太、山科連太郎、リンノスケ (以上、きっとろんどん)
泉香奈子(パインソー)、五十嵐穂(札幌FEDE)
大森弥子(Takako Classical Ballet)、木山正大(RKC/札幌FEDE)
たねだもとき(有限会社ピーナッツバタークリエイト)、塚本奈緒美(札幌FEDE)
能登英輔(yhs)、長谷川健太(劇団しろちゃん)

【映像出演】
小島達子(ELEVEN NINES)/小林エレキ(yhs) /山田マサル(パインソー)

【日時】
2020年
1月25日(土)18:00
1月26日(日)13:00|18:00
1月27日(月)19:30
1月28日(火)19:30
1月29日(水)15:00|19:30
1月30日(木)19:30
1月31日(金)15:00|19:30
2月1日(土)13:00|18:00
※開場は各30分前です。

【料金】
前売・当日ともに
[一般] 3,000円
[学生] 1,500円
※未就学児は入場可。膝上無料(保護者同伴・要予約)です。
※学生の方は来場時に身分証明書をご提示下さい。
※お得な回数券の販売や高校生無料ご招待企画もございます。
詳細は演劇シーズン公式HPをご覧下さい。

【チケット取扱い】10月25日10:00発売
ローソンチケット(Lコード;14001)]
チケットぴあ(Pコード;498-010)]
エヌチケ
LINE TICKET

[CoRich!チケット WEB予約フォーム]
↓ ご希望の日時をクリックして下さい。

※2プログラムセット券、回数券を購入済みの方は、
こちらの[CoRich!チケットWEB予約フォーム]をご利用ください。

 

【ご予約・お問い合わせ】
090-5989-7287(きっとろんどん)
E-mail kittolondon@gmail.com
Twitter @KittoLondon

 

【スタッフ】

映像:あらきひろき(BONJIN/minomushi_films)
アートディレクター:むらかみなお
宣伝美術:リンノスケ
制作:加納絵里香、兼平瞳、中澤千智

 

[主催]
札幌演劇シーズン実行委員会/演劇創造都市札幌プロジェクト/北海道演劇財団/コンカリーニョ/BLOCH/札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団)/北海道立道民活動センター(道民活動振興センター)/北海道文化財団/札幌市

[協賛]
秋山不動産/札幌駅総合開発/札幌駅前通まちづくり会社/TVhテレビ北海道/ノヴェロ/北海道銀行/HTB北海道テレビ放送/HBC北海道放送

[協力]
イオン北海道/クリエイティブオフィスキュー/シアターキノ/北洋銀行

[後援]
札幌市教育委員会/北海道新聞社/朝日新聞北海道支社/毎日新聞北海道支社/読売新聞北海道支社/日本経済新聞社札幌支社/HBC北海道放送/STV札幌テレビ放送HTB北海道テレビ放送/UHB北海道文化放送/TVhテレビ北海道/STVラジオ/AIR-G’エフエム北海道/FMノースウェーブ/FMアップル/三角山放送局/RADIO TxT FMドラマシティ

[制作協力]ダブルス

 

20200125_kittolondon

【きっとろんどん とは】
2016年、札幌市にて学生合同公演をきっかけに結成された
井上悠介、久保章太、山科連太郎、リンノスケの4人による共同主宰ユニット。
旗揚げ公演から着実に動員数を伸ばし、2018年『ひみこ~る』では
600名を超える老若男女が来場し全ステージが満席に。
2019年秋にはTDPとタッグを組んだ『コントラスト』で初の二大都市ツアーを敢行。
テレビ、ラジオに出演するなど活動の場は演劇にとどまらず、
今北海道で最も話題の若手ユニットなのではないかと自負している。
Twitter、instagramを更新中。
ハッシュタグは「#きっとろんどん」。